美馬水辺の楽校でアガパンサス(紫君子蘭)の花

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

美馬水辺の楽校でアガパンサス(紫君子蘭)の花

この頃よく見るようになった花の、アガパンサス。
アフリカ原産であり、アフリカンリリーという別名もある。
和名は、紫君子蘭(ムラサキクンシラン)。これが一番覚えやすい。
アカパンサス1

明治頃に日本に入ってきたようで、ヒガンバナ科に属する種類らしい。
アカパンサス2

花言葉は、恋の訪れ、ラブレター、恋の季節。
アガパンサスは愛と花を意味するギリシャ語が語源とか。
ヨーロッパでは古くから愛の花として親しまれていたようだ。
アカパンサス3

公園や庭先などでも最近よく見かけるこの花、美馬市美馬町の水辺の楽校中鳥川公園で咲いていた。
アカパンサス5

向日葵と共に、夏の花である。
紫の涼しげな様子がいい。
アカパンサス4
花を見ながら公園散歩。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/07/07 19:55 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30