脇町うだつの町並みに咲く花

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

脇町うだつの町並みに咲く花

美馬市脇町のうだつの町並み、吉田家住宅の石垣付近には、キンシバイが植えられている。
花のピークは過ぎているようであったが、白壁との組み合わせが美しい。
うだつ花4

雨が少ないから、花に元気が無いのかもしれない。
うだつ花3

船着き場公園。
昔は、ここで吉野川を行き来する船への荷物の積み下ろしを行っていたのであろう。
うだつ花2

掲示板に貼られてた、案内。
大滝山西照神社で、7月9日(日)夏越大祓祭が行われる。
茅の輪をくぐり、罪穢れを祓い清められる。
うだつ花1

道の駅駐車場では、クチナシの花が咲いていた。
花言葉は、幸せを運ぶだが、渡哲也の歌「くちなしの花」をおもいおこす。
うだつ花5
花も行事も、夏の季節となってきた。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/20 19:55 ] | TB(0) | CM(4)
クチナシの花 いいですね
毎日暑い日々です。
もう クチナシの季節なんですね。
私はクチナシの花の香りが大好きです。
以前屋島に行った時に遊歩道に咲いていた
クチナシの花の香りを思い出しました。
写真を見ながら渡哲也の歌を歌っています。
もう 夏ですね。
[ 2017/06/23 15:45 ] [ 編集 ]
Re: クチナシの花 いいですね
ママ さんへ

コメントありがとうございます。
雨模様の時期が過ぎればもう本格的な暑い夏ですね。

クチナシの花を見ると、同じく渡哲也の歌を歌っています。
つやつやの緑の葉と白い花、そして甘い香り、なんかはっきりしてていいですね。
[ 2017/06/24 19:21 ] [ 編集 ]
綺麗な写真ありがとう!
初めまして、八大龍王神社を調べていて、ここに漂着いたしました。
「道は阿波から始まる」岩利大閑著1,2,3を読みました。
阿波古代史を研究された郷土の恩人です。

モノクロなので、カラーだったら美しかっただろうなと思ってました。
気延山八倉比賣神陵は、天照大御神だそうです。中国の漢字の当て字が、卑弥呼。柿本人麻呂は、徳島県人。ほんと、ふるさとを誇りに思います。
[ 2017/08/13 02:19 ] [ 編集 ]
Re: 綺麗な写真ありがとう!
ヒメ さんへ

コメントありがとうございます。
八大龍王神社を調べていてこのサイトに来られたとのこと。
日本のここにしかない神社があるとか、興味深いことがたくさんありますね。

徳島の古代歴史に興味津々です。
[ 2017/08/13 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -