美馬市美馬町寺町の安楽寺で能を鑑賞

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

美馬市美馬町寺町の安楽寺で能を鑑賞

美馬市美馬町寺町にある安楽寺能舞台で、美馬能が開催されたので訪れた。10月15日。
二部制の2回目公演へ。
始まりを待つ、能舞台。
今回は、「葛城」。観世流 京都 河村晴道 他。
顔立ちの悪さから夜しか仕事せず、神の怒りにより葛を巻き付けられて責め苦をうける女の神が山伏の祈祷により少し楽になり、舞を見せる話。
能2

能楽堂があるところは、少ない。徳島県内で、安楽寺だからこそ出来るイベント。
能5

安楽寺と言えば、赤門。
門をくぐって、美しい境内へ到着する。くぐる時に、この鬼に気づいて欲しい。
能4

境内の中の庭もお勧めである。
能を鑑賞するためには運営費が必要である。美馬能の会員が増えて欲しいと思う。
能3

ところで、安楽寺の隣の林照寺では、五十嵐はるみ、和泉聡志、折重由美子によるライブが行われる。
10月24日、13:30から、料金は2,000円。
能1
能という日本の文化から、地域独特の文化も楽しめるにし阿波。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2016/10/17 19:55 ] 行事 | TB(0) | CM(2)
素晴らしいですね
こんにちは。いつもお世話になっております。
てっきり本堂等と同時期に能舞台も造営されたのかと思っておりました。地域の文化の拠点となるように、と近年安楽寺さんが作られたと知り、なんて素晴らしいのだろうと感激しました。

安楽寺から見る景色と葛城の景色は、どこか似ている感じがします。

[ 2016/10/19 18:56 ] [ 編集 ]
Re: 素晴らしいですね
つねまる さんへ

コメントありがとうございます。
本物を見られる機会が設けられ、とてもありがたく思っています。

国生みの神々に関わる神社の多いにし阿波と、葛城の話の舞台とは、何か同じような感じがしますね。
[ 2016/10/19 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -