阿波人形浄瑠璃芝居 第13回徳島城内小屋掛公演

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

阿波人形浄瑠璃芝居 第13回徳島城内小屋掛公演

今日(10月8日)は、三連休初日となる人も多い日。徳島中央公園を訪れると、小屋掛の人形浄瑠璃公演が行われていた。
訪れた時に上演されていたのは、名月座による、傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段。
お弓と、娘お鶴の悲しい再会。
屋外での鑑賞がいい。
飯泉知事も訪れられていた。
中央公園浄瑠璃1

徳島中央公園での小屋掛公演は、10月9日も行われる。時間は11:00~16:00。
中央公園浄瑠璃5

次は、城北座による、傾城阿波の鳴門 十郎兵衛内の段。
一番悲しい段である。
我が娘お弓を、盗賊に身を落とした十郎兵衛が我が子と知らず、殺めてしまう。
中央公園浄瑠璃2

太夫(浄瑠璃語)の、名演もあって、物語の中に入ってしまう。涙無くして見られない。
中央公園浄瑠璃3

上演が終わり、空を見ると、いつの間にか青空が広がっていた。
とても悲しいけど、物語に引き込まれる心地よさを覚える。
人形だから、成り立つのかもしれないと思った。
中央公園浄瑠璃4
人形浄瑠璃が堪能できる小屋掛公演は10月9日も行われる。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2016/10/08 19:55 ] 歴史遺産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -