鳴門市岡崎海岸と蓮花寺

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

鳴門市岡崎海岸と蓮花寺

瀬戸内海国立公園の中にある、鳴門市撫養町岡崎の岡崎海岸を訪れた。
沖合には夫婦岩が見える。天気が良い日には美しい海岸風景となる。
昔々は、白砂青松、砂浜と松林が広がっていた。
岡崎海岸1

潮の流れの関係か、砂が流れ、砂浜は無くなってしまったが、美しい海はそのままある。
海岸は公演として整備され、休日には釣り客で賑わうスポットとなっているようだ。
岡崎海岸2

岡崎海岸を眺めるようにあるお寺が、蓮花寺。
わんわん凧発祥の地と言われている。
わんわん凧とは、撫養地方にある各地域の凧の名前であり、もともと岡崎地区の凧の名前であった。
とのこと。参照 →鳴門市うずしお観光協会ホームページ
全国にある言葉かと思っていたが、岡崎地区の独自名称である。
そして「わんわん」とは、お椀の文様からきている。
ボランティアガイドさんに聴かなければ知らなかったこと。
岡崎海岸5

蓮花寺境内。
大凧揚げは、江戸時代、元禄5年(1692年)岡崎地区にある蓮花寺本堂の再建上棟の祝いに、棟梁の又右衛門が余興として宇多紙50枚張りの丸凧を作って凧揚げをし、喝采を博したのが起源とされている。(鳴門市うずしお観光協会ホームページから)
大凧が競う合うように舞っていたのがここから見られたのだ。
岡崎海岸4

ところで、このお寺の門。お城の門であったものを再利用されているとか。
城の門は頑丈につくるため金物が使われ、このような「乳金物」がつけられるようである。お寺の門には普通使われないものであるようだ。これもボランティアガイドさんに教わったこと。
岡崎海岸3
わんわん凧の歴史文化が蘇る場所。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2016/06/08 19:55 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -