伊射奈美神社で国生み祭

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

伊射奈美神社で国生み祭

8月23日、美馬市美馬町の伊射奈実神社で、国生み祭が行われたので参加した。
この日の講師は、クリエイティブディレクター オキタリュウイチ
古事記の世界観は現代に通じる。
オキタさん自身が徳島県内の古事記に繋がる神社等を東京で紹介し、東京から案内もされているとのこと。
イザナミ2

国生み祭は、高天原から国土開拓を命じられ、イザナギ神とイザナミ神が降りてきて国生みが始まったのは、美馬市であったとのことで、それを祝った催し。主催は倭古事記研究会。
イザナミ4

阿波古事記研究会の三村さんから、高天原が阿波の木屋平であったこと、古事記の物語は阿波を舞台にしたものであることなどの説明もあった。
来年は5月にこの催しが行われる。
イザナミ3

ところで、神社の拝殿の中に掲げられた、昔の中鳥島の写真が興味深い。
白くなっている部分は、紙が剥がれたものであるが、こんな形をしていたことがよくわかる。何か神々しい感じがする。
写真下の方に伊射奈美神社があった。
イザナミ1

由緒が詳しく書かれている境内。
なんとも興味深い。
イザナミ5
古代神話の舞台は阿波だったのか。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください

にし阿波の魅力風景が、たくさんの写真や、動画で紹介されているサイトです。ご覧ください。
→ にし阿波お勧めビューポイント100選
関連記事
[ 2015/08/24 19:55 ] 神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -