旧小島峠 一宇と祖谷を繋いだ峠

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

旧小島峠 一宇と祖谷を繋いだ峠

先日地蔵祭りが行われた、小島峠。祭りが行われた峠は、県道菅生伊良原線の峠。この道路は昭和56年に開通したもの。
それ以前は、そこから100M程高い場所に峠があった。
小島峠。小島峠の由来は(「阿波の峠今昔 橘貞男著」から抜粋)
昔、祖谷の菅生屋敷の旦那が、徳島からおしまという女をつれてこの峠まで来ると、女は深い山の中ゆえ、さびしくなって泣き出したので、旦那はおしまを慰めて菅生までつれていった。これからこの峠を小島峠と呼ぶようになったという。
峠には、地蔵尊がある。
旧小島峠4

狭い山の尾根にある。
広い道路は、林業用の作業道路。県道の峠から車で近くまでくることができる。
林の中の道を上がって来たが、帰りはこちらを歩く。
旧小島峠5

県道の峠には、案内板があった。
旧小島峠1

県道の峠から、こんな道を歩いて峠までたどり着いた。
一宇在住の方に祭りの時に話を伺うと、50年程前に、この峠を牛を連れて祖谷へ行ったとか。当時「ばくろう(牛の仲買人)」をやっていて、牛を連れ、一宇から祖谷の菅生まで1日がかりで行った。途中に池があったのを覚えているとのこと。
写真の道が旧道かどうかは定かでないが、この坂を登り切ったところに地蔵尊がある。
林の中は林業用の作業道が残り、旧道と間違えやすいので、このあたりの道に詳しい人と歩くのがお勧め。
旧小島峠2

地蔵尊の前には手水鉢がある。多くの人がこの前を通ったと思う。
旧小島峠3

峠の尾根には、こんな巨木もあって眺望も良い。
昔の人の見たのと同じような風景かもしれない。と思うと単なる風景でなくなる。
旧小島峠6
峠の多いにし阿波。峠に残る石造物に歴史を感じる。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください

にし阿波の魅力風景が、たくさんの写真や、動画で紹介されているサイトです。ご覧ください。
→ にし阿波お勧めビューポイント100選
関連記事
[ 2015/06/30 19:55 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -