にし阿波暮らしの「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

にし阿波夏の風景 小星阿弥陀堂と岩倉ため池

茶色い唐草模様のような少しおどろおどろしいのは、スズメバチの巣です。
この巣は昨年のもののようで、中にハチははいないようです。
夏から秋に屋外で注意が必要なのが、スズメバチですね。
夏の風景1

先日、脇町の小星公園へ行く途中にある、常光寺阿弥陀堂に立ち寄ったときに見かけました。
なかなか大きな巣でした。
これからの季節草刈りなどする時は、注意が必要。ハチは黒いものを攻撃する性質(熊と思うようですが)があるように聞いたことがあるので、帽子と、白い上着で防御します。
夏の風景2

阿弥陀堂の中は、仏間があります。
夏の風景3

この池は岩倉のため池。小星からは井口谷川を挟んだ東側にあります。
美馬市の脇町、美馬町の阿讃山脈の麓にはため池がたくさんありまs。
昔から水に苦労されたのだと思います。今は吉野川北岸用水が通り、平坦部での水不足は解消されています。
ため池にいっぱいの水。これでお米が作られます。
夏の風景4

田植えもすんで、これから夏の太陽を受けて稲がどんどん大きく育ちます。
暮らしを支える原点の風景ですね。これが日本の風景です。
夏の風景5

ため池を整備するというのはそれは大変なことだったと思います。
先人の苦労が遺ります。
夏の風景6
7月からは梅雨も明け、本格的な夏となります。
四季折々の暮らしの風景が楽しいにし阿波暮らし。ハチには注意しましょう。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2012/06/30 20:12 ] 風景 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30