にし阿波暮らしの「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

温泉山安楽寺風景 四国八十八カ所霊場

先日、四国八十八カ所霊場 温泉山瑠璃光院安楽寺を訪れた。
四国八十八カ所霊場を巡るお遍路は人気なようで、休日ということもあり、多くの人が訪れていた。
安楽寺3

安楽寺は、弘法大師によって温泉湯治が伝えられたと言われ、今も温泉がある。
安楽寺1

宿坊には、天然温泉の大浴場があって、お遍路さんに好評だとか。
安楽寺2

お寺の由来等は、公式ホームページに書かれている。
美しい風景を紹介する。
大師お手植えの厄除けの「さかまつ」の下にある池。山門を入ってすぐの所にある。
松の木の下に大きな鯉が泳いでいる風景がある。
安楽寺4

駐車場には花が咲いていた。
たぶん、夏の花キョウチクトウだと思われる。
このキョウチクトウは、強い毒性分を持っている。花言葉は注意とか危険、用心。
お遍路もいろんなことに注意しながらということか。
安楽寺5
温泉のある宿坊で旅の疲れを癒す安楽寺。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2016/06/22 19:55 ] 四国八十八カ所 | TB(0) | CM(0)

四国八十八カ所霊場 2番極楽寺風景

先日訪れた、四国八十八カ所霊場 2番極楽寺
駅からウォーク 鳴門市大麻町パワースポット巡りの中で、歩いて訪問した。
寺の由来、歴史などボランティアガイドさんが丁寧に解説いただいた。が、ウォーキングのほぼ終盤で、疲れ気味で、集中力無くあまり記憶できてないので、そのあたりは、公式ホームページを参照。
記憶に残っている部分を紹介。
手水の水が、ここから出ている。ちょっとびっくり、たぶん鬼瓦かな?
極楽寺4

極楽寺、拝礼して門をくぐる。
極楽寺1

参道で目をひく、りりしい仏様。
極楽寺2

長寿杉。杉に着けられた紐をさわると、ご利益がある。
極楽寺3

この階段の先に、本堂、大師堂があってお参りする。
線香の煙に遍路文化を感じる。
極楽寺5
6月5日には、「ボランティアガイドと歩く鳴門の渡船と撫養街道散策」が開催される、駅からウォーク。
見所いっぱいの四国八十八カ所霊場。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2016/06/02 19:55 ] 四国八十八カ所 | TB(0) | CM(0)

四国八十八カ所霊場 1番札所霊山寺風景

四国八十八カ所霊場1番札所霊山寺。
同行二人のお遍路の旅はここ、徳島県の霊山寺から始まる。
誰もが、これからの旅の始まりに心引き締まる場所である。
久しぶりに訪れ、今回印象深かったことを紹介。
本堂には、多くの灯籠が吊られている。1番なので、この後もこんな様子が見られるのかと思って見逃す人が多いかもしれないが、印象に残して欲しいものである。この寺ならではのもの。
霊山寺5

訪れた時も、大勢の人で賑わっていた。大きな門。
この門の前で拝礼することから、旅が始まる。
霊山寺1

霊山寺といえば、この池。巨大な鯉が悠々と泳いでいる。
霊山寺2

本堂近くに置かれていた。
日本遺産に認定なったことを記念し、個人の方が、四国八十八カ所と別格20寺に寄贈されたと聞く。
霊山寺4

多宝塔。応永年間(1394〜1428)の建造といわれている。
その頃からの賑わいを感じる、立派な塔である。
霊山寺3
巡礼の始まりの寺は見所がいっぱい。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2016/05/24 19:55 ] 四国八十八カ所 | TB(0) | CM(3)

十輪寺(一番前札所)  四国八十八カ所の談議所であった寺

鳴門市大麻町萩原にある「十輪寺」を訪問した。
このお寺は、別名談議所と呼ばれる、四国八十八箇所霊場第一番前札所である。
駅からウォーク 鳴門市大麻町パワースポット巡り」の続き。
写真は門前風景。十輪寺と談議所の看板がかかっている。
十輪寺1

談議所とは、弘法大師が四国八十八カ所霊場を四国に設置するにあたり、この十輪寺において、僧侶を集めて様々に議論した場所ということである。
知らなかった。
この大きな石碑には、そのようなことが書かれている。と教えていただいた。
十輪寺の始まりは、651年。弘法大師による八十八カ所霊場設置が806年~810年といわれている。
十輪寺2

お寺の前にある説明書き。(クリックすると大きくなる)
十輪寺

石碑の八十八というのだけは読める。
十輪寺3

昔(江戸時代、明治、大正かな)は、八十八カ所霊場巡りに四国外から訪れる人は、船で鳴門の撫養港に着き、そこから巡礼に向かったとか。十輪寺は、第1番札所霊山寺へ向かう途中にあり、多くの巡礼者が立ち寄る場所であったようである。
談議所で、四国八十八カ所について学び、1番からの巡礼に備えたのかもしれない。
お寺の前の道は、遍路道といわれる旧街道。昔の風景が蘇るようである。
十輪寺5

足下を見ると、たくさんのスミレが花を咲かせていた。
ちゃんと自分の足下を見ることが大事だとの教えかな。
十輪寺4
四国八十八カ所霊場1番の前に、始まりの寺がある。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2016/05/23 19:55 ] 四国八十八カ所 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -