にし阿波暮らしの「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

脇町うだつの町並みの「藍」

青空を背景にはためく藍の青。
ブルーが美しい藍染めである。
うだつ藍2

美馬市脇町うだつの町並みの、船着き場公園では、藍染めハンカチがはためいている。
Japan Blue Project「JAPAN BLUEで愛を染めよう!」を開催中とのことで、来訪者が染めたハンカチを、7月24日の「とくしま藍の日」に合わせて展示されている。
うだつ藍1

江戸時代には、この色で染められた着物を着た人たちで、うだつの町並みもあふれていたのだと思う。
素敵な色合いである。
うだつ藍3

写真左側の建物、体験工房で藍染め体験ができる。ハンカチは800円からで染められる。
うだつ藍4

町並みにポスターが貼られている。
美馬市花火大会、阿波おどりが8月11日に行われる。
うだつの向こうの夜空に上がる花火、風情があっていい。
うだつ藍5
「JAPAN BLUEで愛を染めよう!」を開催中。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/07/23 19:55 ] 脇町うだつの町並み | TB(0) | CM(0)

ヤマボウシの咲く脇町道の駅「藍ランドうだつ」

ヤマボウシの花が咲く頃である。
美馬市脇町の道の駅藍ランドうだつの駐車場で、白いヤマボウシが花を開いていた。
※最初ハナミズキと書いてましたが、ご指摘いただき、調べてみると、花の周りがとがっているのはヤマボウシのようですので、訂正しています。
ハナミズキ2

青空を背景に白色が冴えている。
ところで、花弁に見える白い部分は、総苞といって、蕾を包む葉であって、花は中心部の小さなものだそうだ。
ハナミズキ1

青空が気持ちのいい脇町うだつの町並みである。
ハナミズキ3

石垣に根を張って、紫色の花が咲いている。
散策すると、いつもちょっとした発見があって楽しい。
ハナミズキ4

散策の後は、冷たいものがほしくなる季節となってきた。
ハナミズキ5
写真を撮っていると、ナンジャモンジャの花は咲いてますかと尋ねられた。
残念ながら、花は散ってしまい、新緑のナンジャモンジャの木となっている。
青空の下、脇町うだつの町並み散策が楽しい。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/05/16 19:55 ] 脇町うだつの町並み | TB(0) | CM(2)

脇町うだつの町並み、新たな見所

美馬市脇町のうだつの町並みに、「美馬市伝統工芸体験館~未来工房」が設けられている。
美馬市観光協会の入る、美馬市観光文化資料館内に整備され、資料館の名前も、体験館と変わったようだ。
和傘づくりを見学することができる。→德島新聞記事 和傘作り見に来て うだつの町並みに拠点
うだつ傘1

間近で作業風景を見ることができる。
うだつ傘2

そして、その向かい側のうだつのある住宅は、東亜トーアトラベルのサテライトオフィスとなっている。
德島新聞記事 2社SO美馬に進出へ 旅行企画と民泊の仲介
うだつ傘5

建物内のスペースは、企業や個人のテレワークの場として貸してもらえるようである。
うだつ傘4

交流スペースも整備されている。
うだつ傘3
魅力ある町並みに、賑やかさが少しずつ増えている。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/05/11 19:55 ] 脇町うだつの町並み | TB(0) | CM(0)

脇町うだつの町並み新緑の候

5月の大型連休も近くなり、鯉のぼりの季節到来である。
美馬市脇町のうだつの町並み近くで見かけた鯉のぼり。
うだつ新緑5

白い馬酔木の花も満開で、初夏の風景である。
うだつ新緑2

町並みを小さな鯉のぼりが泳いでいる。
「着物でうだつの町並みを散策」が行われており、2,500円で、手ぶらで来て、着物に着替え町並み散策ができる。
うだつ新緑4

吉田家住宅中庭のモミジ、新緑が美しい。
うだつ新緑3

町並み散策して、いい写真が撮れそうな季節である。
うだつ新緑1
今なら2,500円で着物に着替えてうだつの町並み散策ができる。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/04/28 19:55 ] 脇町うだつの町並み | TB(0) | CM(0)

着物でうだつの町並みを散策 脇町うだつの町並み

町並みの軒下に、鯉のぼりが泳ぐ脇町うだつの町並み。
5月の連休にはたくさんの人が訪れるであろう。
うだつ着付け3

この脇町うだつの町並みで、魅力的なイベントが行われている。
着物でうだつの町並みを散策。
4月1日(土)から6月25日(日)のうちの毎週土曜日・日曜日にうだつの町並みにて『着物でうだつの町並みを散策』を行います。女性限定で体験料金は2500円。着物や足袋、襦袢等一式をご用意しておりますので、手ぶらでご参加頂けます。
とのこと。詳しくは→美馬市ホームページ 着物でうだつの町並みを散策。
また、うだつの町並み商品券が発売されている。
うだつ着付け1

所々で、美しい花も見られる、うだつの町並み。
うだつ着付け2

アセビは新緑の季節。
うだつ着付け4

まだまだ花をいっぱい付けているアセビもある。
こんな所を着物で散策するのもいい。
うだつ着付け5
新緑の時期に、着物でうだつの町並みを歩くのもいい。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
[ 2017/04/20 19:55 ] 脇町うだつの町並み | TB(0) | CM(0)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -