にし阿波暮らしの「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

上勝町樫原の棚田

山間地の棚田風景を撮りに、上勝町の樫原を訪れた。
樫原の棚田は、平成11年「日本の棚田百選」に認定、平成22年には徳島県で初めて「国の重要文化的景観」に認定されるなど、徳島県を代表する棚田風景である。
植えられた苗がこれから大きくなっていく、まだ田の水面が見える、景色があった。
上勝棚田3

山間の静かな空間に心が癒やされる。
上勝棚田2

棚田を維持されている皆さんに感謝の気持ちを持って撮らせていただく。
上勝棚田1

江戸時代の絵図に、現在と変わらない田が描かれている。
200年以上もの間、変わらず棚田があり続けている。
上勝棚田5

水車小屋の水車が回り続け、流れる水の音と、鳥の鳴き声しか聞こえてこない。
上勝棚田4
日本の原風景に心癒やされる。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/25 19:55 ] 農業 | TB(0) | CM(0)

紫陽花の花 勝浦町にある美粧園 

雨が降って、紫陽花の花が見頃となってきた。
勝浦町にある美粧園という、紫陽花園を訪れた。
勝浦紫陽花2

勝浦町から上勝町方面へ向かう県道から、ふれあいの里坂本があるあたりより、少し手前を右折。
美粧園という案内が所々にある。
川沿いにたくさんの紫陽花が植えられている。
勝浦紫陽花3

道路から鑑賞できる。
川縁の紫陽花は美しい。
勝浦紫陽花5

広いエリアに紫陽花がある。
自由に育ってる感のある紫陽花。
勝浦紫陽花4

道路沿いでは色とりどりの花が見られる。
勝浦紫陽花1
梅雨入りして、紫陽花の見頃となってきた。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/24 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

川田川に架かる高越大橋からの眺望

吉野川市山川町の高越山は、昔、銅の鉱山として採掘が行われていた。このあたりの結晶片岩に多くの鉱物が含まれている。
そこを流れる川田川を高越大橋の上から見てみた。
エメラルドグリーンの水が印象的である。
高越大橋3

高越大橋の下には、ふいご温泉がある。
この温泉は、鉱山跡から湧き出ている鉱泉水を利用している。
ふいご温泉の名前の「ふいご」は銅の精錬に使用していた鞴(ふいご)が地名になって、それが由来。
高越大橋1

高越大橋。
川からは相当高い場所に架かっている。
高越大橋5

川田川の吉野川合流付近までよく見える。
高越大橋2

古代、出雲の玉造で、「勾玉」を加工するため、高越山から結晶片岩が運ばれているとか。
忌部との係わりもあるようだ。
古代からの歴史を思いおこさせるエメラルドグリーンの川。
高越大橋4
鉱山としての歴史が蘇る。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/23 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

東みよし町毛田 舞観音堂

東みよし町毛田にある舞観音堂を訪れた。
国道192号から、集落を越して、山の頂上まで行ったところにある。
広い境内に立派な建物が建っている。
以前は舞寺の本堂であったもので、現在は観音堂と呼ばれている。
舞寺2

馬の守護尊として有名な寺であったとのことで、大きな絵馬が飾られている。
舞寺4

山の頂に、このような立派な寺があったということに驚く。江戸末期の建物のようである。
舞寺1

大師堂もある。
舞寺3

この山の山頂付近にある。
現在は山頂付近に人が近寄ることは少ないが、江戸時代頃には山中付近が中心的な場所であったのか。
人々は山の尾根を通っていたのであろう。
舞寺5
山上に寺院が建つ山間集落。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/22 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

高越山の名水 天狗の湧水

吉野川市山川町、高越山に向かう道路沿いに、天狗の湧水と呼ばれる名水が湧き出ている。
冷たい美味しい水が出ている。
koutu3

場所は、奥野井トンネルを越えて、4~5km行ったところ。
この日は、香川県ナンバーの車の人が汲みに来られていた。
koutu2

名水のすぐ上の場所からは、晩夜嶽の眺望できる。吉野川沿いの眺めも楽しめる。
koutu4

道路沿いの日陰には、ユキノシタの群生があちこちにあって、白い花が美しい。
koutu5

猿を見かけることも多い、山間部ドライブ。
koutu1
名水を汲みに、山間部ドライブが楽しい。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/21 19:55 ] 食べる | TB(0) | CM(0)

脇町うだつの町並みに咲く花

美馬市脇町のうだつの町並み、吉田家住宅の石垣付近には、キンシバイが植えられている。
花のピークは過ぎているようであったが、白壁との組み合わせが美しい。
うだつ花4

雨が少ないから、花に元気が無いのかもしれない。
うだつ花3

船着き場公園。
昔は、ここで吉野川を行き来する船への荷物の積み下ろしを行っていたのであろう。
うだつ花2

掲示板に貼られてた、案内。
大滝山西照神社で、7月9日(日)夏越大祓祭が行われる。
茅の輪をくぐり、罪穢れを祓い清められる。
うだつ花1

道の駅駐車場では、クチナシの花が咲いていた。
花言葉は、幸せを運ぶだが、渡哲也の歌「くちなしの花」をおもいおこす。
うだつ花5
花も行事も、夏の季節となってきた。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/20 19:55 ] | TB(0) | CM(2)

東みよし町毛田の紫陽花

東みよし町の国道192号沿い、JR四国徳島線の江口駅から東には、紫陽花ロードが続いている。
花が咲きそろいつつある。
紫陽花毛田5

たくさんの紫陽花が、国道とJRの線路の間に植えられている。
紫陽花毛田4

様々な色の花が咲いている。道路からも、列車からも楽しめる。
紫陽花毛田3

雨が降れば、紫陽花の見頃になるかもしれない。空梅雨の今年。
紫陽花毛田2

紫陽花の花言葉はいろいろあるようだ、
元気な女性、 辛抱強い愛情
移り気・浮気・変節とか、
いろんな花色もあるからかな。
紫陽花毛田1
紫陽花ロードが見頃。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/06/19 19:55 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -