にし阿波暮らしの「四国徳島散策記」

徳島県西部(にし阿波:美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎ。四国徳島県を散策中。

吉野川大歩危小歩危

吉野川の大歩危小歩危では、春から秋、ラフティングが盛んに行われる。
急流の多い小歩危はスリルも満点。
写真の場所は、先日行われた大歩危リバーフェスティバルでスラローム競技が行われた所。
小歩危4

スリルのある、吊り橋も架かっている。
小歩危3

白く泡立つ急流を下る。
小歩危5

スプリント競技などが行われていた、大歩危。
小歩危1

緩やかな流れもある。
小歩危2
春から秋はラフティングの季節。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/24 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

西祖谷山村吾橋の雲海展望台

三好市西祖谷山村の吾橋集落は、吉野川の川霧である八号霧がよく見える所である。
そのため、雲海展望台というものがある。
雲海展望台2

残念なことに、訪れたときは雲海が出てなかったが、特に、春と秋の早朝にはよく見られる。
雲海が見られなくても、風景が楽しめる。
吉野川上流、高知方面の景色だ。谷になっている所を吉野川が流れている。
雲海展望台1

こちらは、吉野川下流方面、大歩危峡である。同じ場所から両方見える。
雲海展望台3

山間の斜面は、お茶畑となっている。お茶の山地である。
雲海展望台5

妖怪伝説の多く残る、三好市山城町。
集落は山の上の方にある。雲海が見えなくても、いい風景がある。
雲海展望台4
春と秋の早朝には、八号霧がよく見える。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/23 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

美馬町寺町の花しょうぶ

花しょうぶが咲く頃となってきた。
美馬市美馬町寺町を訪れた。
ハナショウブ3

寺町公園に隣接する、花しょうぶ園では、花が咲き始めていた。
ハナショウブ5

青色や白色の花はこれから咲くのであろうか。
ハナショウブ2

これからが楽しみである。
ハナショウブ4

奥に剣山が見える、寺町からの風景は気持ちがいい。
花いっぱいの風景が楽しみだ。
ハナショウブ1
剣山が見える場所の花しょうぶ園。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/22 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

加茂の大クスと麦畑

東みよし町にある、国指定天然記念物「加茂の大クス」を訪れると、まさに「麦秋の候」、初夏の風景である。
大クス麦3

楠木も、花をつけ若々しい色合いとなっている。
大クス麦2

雀が麦畑の中を飛び回っている。
大クス麦4

大クスのつくる木陰が気持ちのいい季節となってきた。
大クス麦1

大クスの近くに咲くアマリリス。
存在感のある花だ。
花言葉は、誇り(pride)だそうだ。大クスによくあう。
大クス麦5
地域の誇りである大クスの麦秋風景。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/21 19:55 ] 巨樹・巨木 | TB(0) | CM(0)

かずら橋山草園のクマガイソウ

三好市西祖谷山村にある「かずら橋山草園」を訪れた。
クマガイソウの大規模な群落が見られるところであり、ちょうど見頃であった。
独特の花の様子からクマガイソウと名付けられている。→ クマガイソウ
カマガイソウ3

杉林の中にクマガイソウが広い範囲で群落となっている。
すべての花が、斜面の下の方を向いている。不思議だ。
カマガイソウ2

朝早い時間であるが、香川県から来られたカメラマンがいた。これだけの群落はなかなか見られない。
カマガイソウ4

他にも、写真のクリンソウや、エビネ、スズランなど可憐な花が咲いている。
カマガイソウ1

場所は、かずら橋夢舞台から上へ車で13分。
入園料は500円。
山草園から見る風景も美しい。
カマガイソウ5
クマガイソウの群落では花が見頃。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/20 19:55 ] | TB(0) | CM(2)

鳴門海峡の風景

鳴門公園のお茶園展望台付近からは、鳴門海峡と大鳴門橋の見える風景が楽しめる。
鳴門1

大小の観潮船が遊覧するのが、鳴門海峡の風景でもある。
鳴門2

大鳴門橋の中には、遊歩道「渦の道」があって海峡風景を上から見ることができる。
鳴門

時間があれば、お茶園展望台から千鳥ヶ浜(大塚国際美術館)方面へ行ける、遊歩道を歩くのもいい。
静かな環境で鳴門の海を楽しめる。
鳴門5

浜に着けば、ハマヒルガオの花が見られる季節である。
鳴門3
鳴門公園の遊歩道を歩くのも楽しい。


人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/19 19:55 ] | TB(0) | CM(0)

初夏の庭風景 イワヒバなど

山々は新緑が美しい時期、庭の植物もまた美しい。
梅雨入り前で、雨が少ない時期のイワヒバ(イワマツ)は、まだ緑が少ない。
イワヒバ1

周りのコケも乾燥気味である。
雨が多くなると、緑が濃くなるコケ。
イワヒバ2

庭の紫蘭(シラン)は、川に生えているのより、少し大きな花を咲かせている。
イワヒバ3

新しいツバキの葉のつややかさ。
新緑が美しい。
イワヒバ5

桐の花はもう終わり頃かな。
イワヒバ4
四季折々の身近な風景。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中クリックしてください
←ランキング参加中クリックしてください
関連記事
[ 2017/05/18 19:55 ] 植物 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

白うさぎ

Author:白うさぎ
徳島県のにし阿波(県西部の美馬市、つるぎ町、東みよし町、三好市)で生まれ育った白うさぎです。四国徳島県を散策中。
歴史文化が数多く残る徳島は魅力いっぱい。
ブログタイトル「にし阿波 暮らし」を平成28年4月から変更。
吉野川やその支流の清流、剣山、大歩危小歩危、祖谷のかずら橋、うだつの町並みなどのよく知られた所はもちろん、歴史ある山上の集落、例えば「桃源郷のような別世界」や、どうしてこんなにあるかという程にあるお堂、石造物、伝統・文化、美味しい食べ物、木々や花、などなどの中で生まれ育ちました。

徳島県の観光スポットも紹介してます。

プロフ写真は阿波藩家老稲田氏の軍陣羽織の刺繍を借用中。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -